文化 / 食事の時間と長さ

A1 入門
あなたの暮らしている文化圏では、人々はどちらかと言えば生きるために食べるという傾向があると考えますか? それとも、和やかな雰囲気の中で他の人とちょっとしたうまい料理を味わうことを重要視していると思いますか? あなたの国やあなたの住んでいる文化圏では、朝食は何時頃に食べますか? 平日の朝食にはどれくらい時間をかけますか? 朝食は家でとりますか、それとも外やカフェ、仕事場でとりますか? あなたの国、文化圏では、昼食にどれくらい時間をかけますか? 昼食の準備にはどれくらい時間をかけますか? 昼食や夕食は一皿で出されますか、あるいは複数の料理が出ますか? 複数の料理の場合は、一緒に出されますか、それとも順番に出てきますか? それはどのような順番ですか? フランス、ベルギー、スイス、カナダでは、食事は生活を楽しむ術とでもいうべきもので、美食はとても重要だと考えられています。人と一緒に食事をし、しかもその食事に長い時間をかけることが好まれています。お祝いの食事になると何時間もかけることもあります。朝食の時間は平日は6時から8時の間で、かなり急いで済ませることが多いです。フランスでは、朝食は、温かい飲み物(コーヒー、お茶、ココア)とパン(バゲット)や菓子パン(クロワッサン、ブリオッシュ)などです。ジャムや蜂蜜などが出されることもあります。ベルギーの場合は、コーヒーとジャムやチョコレートペーストを塗った食パンなどが一般的です。ゴーダなどのチーズやハムを食べることもあります。昼食は、フランスやスイスでは、軽食で済ませる人も増えてきているとはいうものの、調理されたものを食べるのが一般的です。ランチタイムはだいたい1時間ほどで、12時から14時の間です。ベルギーでは最短だと30分ほどなので、職場に弁当などを持って行くこともよくあります。調理したもの、バターを塗ったパンとチーズやハム・ソーセージ類などです。夕食はだいたい18時(ベルギー、カナダ)から20時(フランス)の間です。フランスでは、夕食はメインの料理とデザート、前菜(スープやサラダ)がつくこともあります。前菜を食べ終わるとメインの料理が出され、メインが終わるとデザートが出されます。食事を表す言葉は、フランス語圏のどの国でも同じではありません。
フランス ベルギー・カナダ
Le petit-déjeuner Le déjeuner
Le déjeuner Le diner
Le diner Le souper
食習慣は近年大きく変化しており、住んでいる場所(小都市か大都市か)や職業、年齢、家族の状況によっても変わってきます。