カルチャー / 旅行の様々なタイプ

A1 入門
旅行の様々なタイプあなたの国、あなたの文化では、旅行に行くのは休暇の時だけですか?新婚旅行もしますか?十分な医療ケアを受けるためには長距離移動が必要ですか?行楽だけでなく、エラスムスの交換プログラムのような留学や、出張、ビジネス旅行などもしますか?休暇中に人道援助のミッションに行く事はできますか?あなたの国、あなたの文化には、移動型民族は存在しますか?“旅をする”という語には、長距離移動をするという意味があります。馬、徒歩、観光バス、車、電車、船、飛行機で旅をします。日中の旅、夜間の旅、所持金ありの旅、所持金なしの旅。1人旅、家族旅行、グループ旅行。近郊への旅や遠方への旅:近隣の地方から世界の果てまで。 気分転換、修行、学業、知恵を得るためなど旅の目的は様々です。経済的な理由や仕事上の理由から旅に出ることもあります。:仕事上のビジネス交渉、商業用の偵察、雇用主の指示による転勤、より繁栄した地方での就職など。職探しや、医療上の理由、政治的、軍事的理由で長距離移動をすることもあります。フランス、ベルギー、スイスでは、高速電車とローコスト航空の発展が、労働者の習慣を変化させました。営業マンは、新規顧客開拓のため職場から600km離れた場所まで日帰りで出かけることもあります。さらに中流階級と上流階級の人々は週末を延長して、自宅から800km離れた文化的都市を訪れたり、バカンスの雰囲気を味わえる景色の中で休息したりもします。新婚旅行は、結婚後に新郎新婦が行く伝統の旅行です。:92%の新郎新婦が新婚旅行に出かけます。(パリ サロン・デュ・マリアージュ 2009年 BVA調査)フランスの人口密度の低い地方では、病院で治療を受けるための移動が長距離になることもあります。重病の治療のために150~200km移動することもあります。仕事上の需要に応えるための旅行もあります。:経済のグローバル化によってビジネス旅行は10倍に増えました。フランスでは、教師は資格試験で採用され、試験の成績順に教育機関に登用されます。専任にならない限りは、フランス全国に転勤する可能性があります。農村や小都市の経済圏の住人は、仕事を見つけるためにより大きな町の近くへ行くこともあります。移動型民族とは、経済活動を行いつつも定住地を持たない人々です。