発音 / 最後の子音はしばしば発音されない

A1 入門
フランス語では、最後の子音を発音するかしないか、明確な規則はない。不定形が"er"で終わる動詞(habiterやvisiterなど)の最後の"r" は発音しない。
habiter
visiter しかし、不定形が"-er"で終わらない動詞の最後の"r"は発音する。
dormir
sortir
pouvoir 同様に次の単語の"r" は発音する。
mer
pour
toujours 一般的には、フランス語でよく出てくる(日常的な)単語の最後の子音は発音されない。
logement
appartement
petit
grand
blanc
"plus"の最後の"s" の発音"plus"の最後の"s"は発音しない。 - "ne...plus"という表現の中では
Je n'habite plus [ply] le quartier.
- 子音で始まる単語の前では
Ce logement est plus [ply] petit.
"plus"の最後の"s"を発音する。 - "plus de"という表現の中では
Ce logement a plus [plys] de pièces.
- 母音で始まる単語の前では
Ce logement est plus [plyz] original.
- 数学のプラス記号(+)について子音の前では[s]、母音の前では[z]と発音される。
Il faut un bureau plus [plys] deux chambres.
Ce logement compte deux pièces plus [plyz] une.