発音 / 文字 « s »の発音

A1 入門
発音   /s/は多くの言語で広く使われています。フランス語では/ʀ/に次いで2番目によく使われる子音です。
よく似た音に/z/があります。
発音  /z/も/s/と同じ方法で発音します。 :舌の前方と上の歯の間に空気を通し続けます。舌の位置は
下方です。発音中は声帯を震わせ続けます。/z/を発音しやすくするには、舌先を下の歯につけ、最初から最後まで声帯を震わせるように注意します。喉に指を2本あてて震えを確認します。舌が下方に固定される/g/や、声帯が振動する/m /を含んだ単語の方が、/z/の発音が容易になります。ミツバチや蚊の音を思い浮かべましょう:ズズズズズ  /s/によく似た/z/は、9番目によく使われる音で、複数形を示す時に非常に重要です。 - 冠詞と母音から始まる名詞のリエゾンで複数形の目印になる。:  les_oiseaux - 動詞の複数形の目印になる。:  ils_ 、 elles_ が母音で始まる動詞の前にある場合。:  il aime / ils_aiment, elle ouvre / elles_ouvrent, il apporte / ils_apportent, …さらに男性形が« -s »、 « -x »で終る形容詞の女性形の目印にもなる:  compris, heureux, nombreux, français
/s/ と /z/の違いによって見分けることもできる  Ils sont (être) / ils_ont (avoir)
通常、« s »の文字は /s/ と発音します。: - 語頭 (Strasbourg, siège) - 子音の前 (historique, cosmopolite) - 語尾 (un sens)単語内で母音に挟まれている場合は、以下の有名な例の様に2つの可能性があります。: poisson / poison, dessert/ désert.« ss »のつづりが2つの母音に挟まれている場合は/s/の発音です。