発音 / リエゾン

A1 入門
子音は、口の中で空気の通り方を変えて発音します。空気の通り道を閉じて開くという動きを素早く行って出す音(フランス語では、b, c, d, g, k, m, n, p, q, t)、空気の通り道を狭めて出す音(f, ch, j, l, r, s, v, w, x, z)などがあります。母音 は、フランス語では声帯を震わせることによって発音します。フランス語の母音は、a, e, i, o, u, yというアルファベット、または、(e)au, ai, ei, in, ein, ain, on, un, oi, ouのようなアルファベットの組み合わせの音です。音節の中では、母音が最重要になっています。リエゾンするというのは、普通は発音されない単語の最後の子音を、次の単語が母音で始まるときにその母音とあわせて発音する、ということです。つまり、子音ー母音の組み合わせの新しい音節を発音するということになり、このような組み合わせはフランス語の音節の50%を占めます。リエゾンする単語の最後の子音は、原則的に[z, t, n, p, R]の音になります。必ずリエゾンする場合: - 以下の単語のあと:un, deux, trois, six, dix, les, aux, des, ces, mes, tes, ses, nos, vos, leurs, quelques, plusieurs, certains, (de) nombreux, quels, aucun, mon, ton, son, tout - 以下の前置詞のあと:en, dans, chez, sans, sous - 以下の副詞のあとtrès, moins, mieux, plus, bien, trop- on、vous、nousが動詞の前に来た場合。例:
"On_a faim."
"Vous_achetez." 重要な単語がそれほど重要でない単語とリエゾンすることは禁じられています。例:
- 以下の単語のあと:Quand, combien, comment。但し以下の表現は例外:
"Comment_allez-vous ?"
- "et"のあと。例:
"Et // elle apprend le français."