(多)文化 / 外出を提案する

A1 入門
Share
貴方の国では、同僚を誘うために、何と言いますか。女性の友だちの場合は?女の人は男の人を誘ってもいいですか。手紙やメールでの招待状の寛容的な表現は何ですか。
&Nbsp;
友達同士か、同僚同士でお互いを出掛けることに誘うことが普通です。 デートの場合は、女性は最初の一歩を踏み出してもいいです。ただし、直接な場合でも、何かを提案する場合は、礼儀作法を守るように、動詞の条件法(「dire」の場合、「dirait」、「aller」の場合、「irait」)を使わなければなりません。

一般的には、招待した人が会計を済ますか、参加者で別々にしますが、男の人がマナーとして女の人をご馳走してあげる伝統が残ることもあります。

未知の人、あまり知らない人、年上の人、教師や地位がより高い人に対して丁寧に話したいときは「vous」を使います。 

誰かに手紙を書く
 
普通は、手紙やメールでの招待状には、頭語がありますが、知らない人、または少しだけ知っている人の場合は、その型式はより決まっています。例えば、「 Madame 」、「Monsieur 」、「 Mademoiselle 」。
手紙の宛先がよく知っている人であれば、次のような表現だけで十分です。「 Chère Anita」、「 Cher Jean 」、「 Bonjour 」、「Coucou」、「 Salut 」など…。

手紙とメールでの招待状は大抵、結びの挨拶と署名で完了させます。この挨拶は宛先の人に合わせて書きます。 : 距離を持ちたい場合、または敬意を表したい場合は、「 Bien à vous 」を使って、 ; 友人関係と恋愛関係の場合は、「 À bientôt 」、「 Salut 」、「 Bises 」、「 Bisous 」を使います。

実戦練習問題

文化:出かけようと提案する

A1
練習問題4題
見る • 文化 (Communication / Premiers échanges)