(多)文化 / 「Tu」あるいは「Vous」?

A1 入門
Share
貴方の文化では、同年の人と、年上の人に対しては同じ言葉を使いますか。

フランス語では、関係の種類によって、2つの話し方があります。一つは、「tu、もう一つは、vous」です

友人関係か家族関係(親しい関係)では、「tu」を使います。(例:Quel âge as-tu ? Comment t’appelles-tu ? D’où viens-tu ?)。「tu」は、年下の人と同年の人とよく知っている人に話すのに使います。. 「tu」は家族の年上の人と「tu」を使うように言った年上の人に対しても使えます。

初めて会った年上の人と、地位がより高い人とお店や公共サービス、行政など 公共の場での知らない人に対しては、丁寧語の複数形「vous」を使います。(例:Quel âge avez-vous ? Comment vous appelez-vous ? Qui êtes-vous ?)。
仕事上の関係の始めで、同年の人であっても、「vous」を使います。

次は覚え方のヒントです。
 
TU VOUS
年上の人、または同年の人に話します。 年上の人に話します。
この人は良く知っています。 この人は知りません。
同じ家族です。 仕事上の関係だけです。
私たちは友だちです。 &Nbsp;

ご注意ください!それらの丁寧語の規則は、フランス語圏の国々では同じように厳しく決まっているというわけではありません。ケベックとアフリカでは、tuを使うこと(動詞:tutoyer)がより多いです。アフリカの文化では、tuを使うと、相手がもう外国人扱いではなくて、友だち扱いになっているという意味です。一方、ベルギーとフランスでは、vousを使うこと(動詞:vouvoyer)がより一般的です。

実戦練習問題

文化:tuかvousか?

A1
練習問題4題
見る • 聞く • 文化 (Communication / Premiers échanges)