(多)文化 / 食事マナー

A1 入門
Share
ワインを飲むこと、タバコを吸うこと、ガラスを鳴らすこと・・・食事マナーのOKとNGの例をいくつか紹介しましょう。
貴方の国、文化では、食事は儀式のように流れが決まっていますか。食べ始める前に、または食事中に決まった言葉や手振りはありますか。誰かとの食事の前か後に言わなければならないコメントか願い事はありますか。宗教、またはおもてなし関係の手振りはありますか。
食事に合わせて普通飲んでいるものは何ですか。お茶やコーヒーといったお湯の飲み物ですか、それともお酒ですか。お酒の役割は何ですか。お酒は社会交流の場合でどのように使われていますか。何か、誰かのために乾杯することはありますか。その場合は、その人は誰でどの地位ですか。乾杯するときに、どのような話をしますか。ワインやビールを飲む前に乾杯していますか。通常、食前、食中、食後のいずれかにお酒を飲んでいますか。誰が乾杯していますか。男の人ですか。女の人ですか。何歳からワインやビールを飲んでもいいですか。
貴方の国、文化では、食事中にタバコを吸ってもいいですか。食事後は?


フランス語圏の文化では普通、昼ご飯と晩ご飯のときに、ボナペティとお互いに願っています。誘われた食事の場合、一般的にはご飯のために褒め言葉を言っています。貴方のために作ってあげた料理のガストロノミーを好んでもらうことが期待されています。それは、お皿を空にすることでも示すことができます。

フランスでは、誘われた場合は、食事前にはほとんどいつも 食前酒があります。一緒に食前酒をとりに隣人や同僚も誘うことができます。それは何かというと、飲み物(お酒の場合が多い)に、おつまみ、生野菜や香辛料(オリーブやピーナッツなど)です

フランス、ベルギーとスイスでは、 食事の一般的な飲み物は(食事中なら)お水と(食事後なら)コーヒーです。伝統的には、果汁やソーダを飲んでいません。 しかし、大人が食事中にワインやビールなど、お酒を飲むことが珍しくないです。
男女にかかわらず、ワインやビールを飲む前に、グラスを上げたり、あるいはテーブルの他の人と一緒にグラスを鳴らしたり(乾杯)、「Santé !」とお互いに願ったりすることができます。

何か、誰かのために乾杯することはフランス語圏の国のアルメニアなどで一般的ですが、フランスではそれほど乾杯することが少ないです。むしろ、尊敬したい人、家族、団体の健康や、会社の成功や繁栄に乾杯しているのです。

テーブルでは通常、タバコを 吸ってはいけません。ヨーロッパとカナダでは、 喫茶店やレストランでは屋内禁煙です。家やアパートに誘われた場合は、食事後にタバコを吸ってもいいかと聞くことができます。その時、一定の部屋、窓から、または屋外で吸ってくださいと提案されるでしょう。

実戦練習問題

文化:食事中の習慣

A1
練習問題4題
見る • 聞く • 異文化間 (日常生活 / 食事)