(多)文化 / 食べ方

A1 入門
Share
フォーク、ナイフやスプーンなど・・・フランス語圏の国々でテーブルマナーは?
貴方の国、文化では、ご飯を手で食べていますか。手で食べる場合、食べ物全てですか、それともいくつかの食べ物だけですか。左手を使って食べてもいいですか。スプーン、フォーク、ナイフ、それともお箸を使っていますか。誰が料理を紹介していますか。誰が料理を出していますか。子どもは大人と一緒にご飯を食べていますか。誰が最初で料理を出されていますか。どんなところが一番いいですか。他人の食べ物は自分の手や食器で触ってもいいですか。特定の人からの合図を待ってからしか食べ始められないですか。それとも、料理を出されてからすぐ食べ始めてもいいですか。

食器の習慣はフランス語圏の国々によってたくさん異なります。例えば、フランスなどでは、フォーク、ナイフとスプーンですが、ラオス、タイではスプーンとフォークで、ベトナムと日本ではお箸で、セネガルでは手を使っています。フランスでは、ポテトフライ、クレープ、そしてピザなどの外国料理やサンドイッチなど、いくつかの料理は手を使って食べることがあります。しかし、レストランでは普通、食器を使っています。

西洋のフランス語圏の国々では、男の人も普通、料理を作ったり盛り付けたりしています。フランスでは、食事は大事なひと時です。一般的には、家族で一緒にご飯を食べています。大人は料理を自分のお皿に盛り付けていますが、家族か友達同士では、一人の人が全員に料理を盛り付けることもあります。共用のお皿の食器を使って自分のお皿に盛り付けています。口に入れた食器や自分の手では他人に食べ物jを渡してはいけません。
全員が料理を出されて、ホストが食べ始めたことを待ってから食べ始めます。他人の前でお皿や何かを渡す場合は、次の言葉を使って謝ります。「pardon ! 」。ご飯を食べ終わったとき、食器を平行にしてお皿に置きます。

実戦練習問題

autour de la table

文化:食べ方

A1
練習問題4題
見る • 聞く • 異文化間 (日常生活 / 食事)