(多)文化 / カフェ、レストラン

A1 入門
Share
あなたの国では、飲み物か料理を注文する時には、テーブルに付いたままですか、カウンターに行きますか。ウエイターさんに対しては、親しい話し方をしますか。カフェの中で、お酒を飲みますか。
あなたは、女の人であれば、カフェに行ってもいいですか。男の人と一緒に行かなければならないのですか。お一人でもいいですか。


外国では、正しく行動するためには、住民の文化と社会の風習と習慣を知る必要があります。

例えば、フランスとベルギーのカフェでは、(ビールやワインなど)お酒を飲んだり、コーヒーを飲んだり、(クロワッサン、サンドイッチやサラダなど)何かを食べたりすることができます。料理を注文しないで、お酒やコーヒーを注文しても普通です。お客さんは、バーのカウンター、テーブルに付いたまま、どちらでも注文をして、注文をもらうことができます。

女の人がカフェへ一人で行っても、他の人と一緒に行っても、どちらでもふさわしいです。カフェとレストランは、デートや友達との待ち合わせができるところです。

レストランと大手のブラッスリーでは、フォーマルな環境で、お客さんはテーブルに付いたままでしか注文をもらわなくて、会計はウエイターさんに支払います。主にご飯を食べに来ます。

他のヨーロッパのいくつかの国々では、パブ、ビストロ、ブラッスリーなど、庶民的な居酒屋があって、そこでは、みんながお互いを知りあっていて、お客さんとウエイターさんは「tu」をお互いに対して使って話すというより親しい環境です。お客さんはレジスターで直接に会計を支払うことができて、地中海沿岸の国々ではよく、台所で料理を選ぶことができます。

フランス語圏のいくつかの国々では、カフェでもレストランでもどちらでも、ウエイターさんのサービスへのお礼として、チップを渡すことが習慣的なことです。例えば、フランスでは、テーブルの上に1、2ユーロを残しますが、カナダでは、食事代の25%相当のチップを渡します。

実戦練習問題

Présentateur assis avec un journal et un café

文化:カフェ、レストラン

A1
練習問題4題
見る • 文化 (Vie quotidienne / Sorties)