(多)文化 / 会話を始めること

A1 入門
Share
初めて誰かと話し合うときは、どのような話題について話せばいいのでしょうか。例えば、町、仕事、習慣がいいです。
貴方の国や文化では、どのような話題で会話を始めていますか。よく知っている相手、よく知っていない相手でも同じ話題ですか。初めての会話では詳細な話をしていますか。タブーとされている話題はありますか。視線は重要視されていますか。

知っている人と、初めて会う人か2回ぐらい会った人では会話の始め方が違います。「tu 」 (「te 」、「ton 」、「ta 」、「tes 」) は、30歳以下の人々の間では早く使ってもいいですが、フォーマルな場面では、「vous 」(「votre 」、「vos 」)を使わなければなりません。
また、お年寄りの人に対しては、「 vous 」を使ったほうがいいですが、若者や同年の人に対しては、よく知り合っていなくても「 tu 」を使ってもいいです。会話の相手の目の見方、手振りや距離などによって優しさ、恥ずかしさや怖さを表現しています。
会話の始め方や新しい話題への飛び方は、相手との関係と場面に決まっています。定まった規則はありません。

初めての出会いは、相手に近所に住んでいるか、仕事をしているか、しているなら、どんな仕事をしているかということなどを聞くことができます。ほかにも町の雰囲気、職場、普通お店やカフェ、レストランで何にしているかということも聞けます。公の場では、今何が起こっているのか、ここではどこに行くことが多いのかということを聞いたり、一般的な感じを表現したりすることもできます。会話の相手が手短に答えている場合は、詳細な質問はしません。給料についての質問はしません。そして、宗教、政治やセックスの話題については話しません。

次はまた出会った時は、「お元気ですか」、「今日は天気はどうですか」やアドバイスなどを聞くことができます。

ほかにも詳細を知るには

実戦練習問題

Femme affichant une pétition

文化:会話を始める

A1
練習問題4題
見る • 聞く • 異文化間 (コミュニケーション / 初めてのやり取り)